VIVITABLOG

VIVITAで活躍するメンバーの情報発信サイト

🌳VIVISTOP GAKUGEI🌳 大学生との協働プロジェクトで見えた景色

みなさま、はじめまして。ながおかさんと申します。
私はあだ名というものが苦手なので、あえて「ながおかさん」と名乗っております。 名前だけでも覚えて帰っていただけたらうれしいです。

私が主に活動拠点としているのは、東京学芸大学(東京都小金井市)の中にある、こちらのVIVISTOPです。

VIVISTOP GAKUGEIの外観

拠点といいましたが、この建物はVIVITAだけが使う場所ではなく、様々な団体が使用する大学内の共同施設になります。 なので、街の人も企業の方も大学生も中学生も、さまざまな人が行き来しています。

この木の建物や大学内での位置付けについての詳細はこちら↓ explayground.com

そんななかで、私はある1人の大学生と出会い、この「プログラミングパーク」というプロジェクト活動を始めました。

経緯の詳細はこちら↓ note.com

今回は、この活動を通じて得た「気づき」について、お話ししたいと思います。

大学生と共につくる活動

自分の中にある「好き」から始めるプロジェクト。
授業でも仕事でもなく、誰かに言われたからではなく、大学生が自分から踏み出せるような、気軽に何かを試せるような、そんな居場所をつくれたらいいなぁと考えていました。

VIVITAの活動は直接クルーが子どもたちにコンテンツを提供することがほとんどです。
では、そもそも、なぜ大学生と一緒に活動するのか?

それは、私自身が子ども向けの活動に行き詰まりを感じていたからです。
私に対する子どもたちのリアクションが、以前とは大きく変化していました。

「この人の前ではちゃんとしなくちゃ」

そんな声にならないメッセージを、子どもたちから受け取る機会が以前と比べて多くなってきていることを感じ始めていました。

また一方で、私がこれまで取り組んでいたイベントやワークショップは、保護者の「子どもに良い事をさせたい自分」の満足感を満たすものとして、消費されていないか、という危機感も抱いていました。

そこで、自分の中に沸いた不安を、逆に企画を組み立てる際の材料として捉え、大学生との活動を通じて、どう乗り越えるのか考えたいと思い、動き始めました。

Twitterでナンパ

「心理的な安心安全を、知らないうちに私が脅かしているのでは?」
「どうやって保護者を、サービスを受ける側ではなく、自分ごとのイベントとして巻き込めばいいのか?」

自分の在り方に悶々と悩んでいたとき、ふと、大学生と接しているときのワクワクしている子どもたちの表情。 大学生にイタズラを仕掛けて、引っかかったときのうれしそうな顔を思い出しました。

私は「プレイヤー」としてではなく「黒子」として、このプロジェクト活動に関わっていこう。 私一人ではなく、大学生と一緒に場をつくることができれば、思わず油断しちゃうような、子どもたちにとって、より心地の良い空気感を生み出すことができるかもしれない。

そんな思いつきから、私の独断と偏見のみで想いのありそうな大学生をTwitterでナンパし始めました。

コロナ禍真っ只中。
反応がはっきりしているSNSでの「出会い探し」は草の根運動的でしたが、意外にも「面白い人脈」の発掘に成功。
その結果、人がまた人を呼ぶ形で今のメンバーたちに出会うことができました。

そして、ついに念願が叶い、想いを持って集まったプロジェクトメンバーと、対面活動の実施まで漕ぎ着けることができたのです。

大学生と一緒に場を開いたことで、特に効果を発揮したと感じたのは、大人と子どもの境界線が曖昧になったことでした。

参加者の親子にとって、日常生活ではほとんど触れ合う機会のない大学生という存在が、良い意味での「非日常」感を引き出し、子どもたちも保護者の方も、普段とは違う形のコミュニケーションを楽しんでもらえました。
(夏企画の詳細はこちら)

作・子どもたちの光るTシャツ(乾燥中)

夜の学芸大を探検中の子どもたち

見守る胆力

実際、計画の段階から、実施当日まで本当にハラハラの連続でした。
大学生と一緒にプロジェクト活動を形にする難しさを身をもって知った3ヶ月。

しかしながら、業務を委託するようなアルバイトやインターンのような一方通行の形式では得られない場所づくりの気づきと学生メンバーの新たな一面を発見できたのは、とてもうれしい収穫でした。

雨の中、学内最終リハーサル中のプロジェクトメンバー

最後まで丁寧に!準備中のメンバー

イベント開始直前、決めポーズのメンバー

子どもたちに接するときと同様、私が常に心がけていたのは、大学生のメンバーに対して「口出し最小限」にする。つまり、間違いや失敗の芽を摘まないことです。

ただ、その姿勢に徹するのには非常に非常に苦労しました。
一方で私自身の「胆力」を鍛えられた、高負荷の精神トレーニングになったのは確かです。

イベントを生業にしていた時期があった私自身、「仕事」として見ると、大学生の準備や当日の対応に対して「もっとこうすれば良くなるのに・・・」とか「それだと準備として足りないなぁ。」と粗さや抜け漏れに気づいてしまうことも、多々ありました。

しかし、何度も言うようですが、これはあくまでも「プロジェクト活動」の一環であり、大学生にとって「仕事」ではありません。

「イベントの成功=プロジェクトの目的じゃない」

つい口を出したくなりそうなときは、そんなことを考えながら、一言言いたい自分をグッと押さえ込みました。
なぜなら、大学生自身に自分ごととして、自分だったらどうするか、何ができるのかを考えて欲しかったからです。

事故や怪我にだけならないよう注意して、基本は全てをそのまま放置しました。
私自身、なかなか勇気と根気のいる判断でした。

場をつくるもの

このプロジェクト活動が始まったのはコロナ禍真っ只中。
当初はオンライン活動のみで、どうやって画面を超えてメンバー間の信頼関係を築けばいいのか、迷うこともたくさんありました。

しかし、このイベント準備や当日の対応を通じて、画面越しでは気づけなかったメンバーの一面をたくさん発見できたのが、私自身何よりうれしかったです。

頭の回転は早くて何でも卒なくこなすけど、他人に興味なさそうな印象だったメンバーは、誰よりも他のメンバーの進捗状況を気にかけ、どんどんサポートに入って他のメンバーを手助けしてくれました。

普段のオンライン会議中、自分から発言することがほとんどなかったメンバーは、現場での異変や違和感に一番に気がつき、熱帯夜の暑さを物ともせず、たくさん走り回り、一生懸命対応してくれました。しかもこのメンバーは、参加してくれた保護者のみなさまに大人気。どうやら、人の話を聞くのが得意だったようです。

人は多面的な生き物なはずなのに、私は一つの方向でしかメンバーたちのことを見ていなかったんだなぁと反省しながらも、そんな新たな一面に気づけたのは単純にうれしかったです。画面越しではなく、声色、表情、視線、会話の間、温度などの言葉にならない、全ての情報を全身で感じ取れる対面活動だからこそ、得られた気づきでした。

他にもメンバーそれぞれの新発見はたくさんあり、語り始めるとキリがないのですが。

目の前の状況に対して、自分にできることは何か、どうすれば改善できるのかを自分で考え、みんなで乗り越えようとした結果が、このような行動に繋がったのだと思います。

また、定期的なオンライン活動では、具体的な話の他にも(意味のない)雑談もたくさんしました。それが、知らず知らずのうちに積み重なり、メンバーのキャラ付けや相互理解から、一定の関係性の構築に繋がっていたように感じました。

その結果、イベントに参加してくれた保護者にも子どもたちにも、楽しく準備したものは楽しさが伝わり、その場を楽しもうとする姿勢や一生懸命さは場に伝播していきました。

一方通行の消費の関係性ではなく、それぞれが場の空気を作る協働する仲間に変容した瞬間でした。場をつくるのは、道具でも材料でもなく、そこにいる人の関係性やモチベーションなのだと、改めて実感できた二日間になりました。

あー、よかった。
とにかく、よかった。

あの日、あの時、あの瞬間、放置して本当によかった。
堪えた自分に拍手。

もちろん、何が起きてもいいように、保護者の方には「このイベントは完成されたサービスを提供する機会ではなく、大学生の学びの場でもあります」ということを事前にお伝えし、了承していただいた上で参加していただきました。私自身も、当日は何があってもいいように、すぐに動けるようなバックアップ体制で臨みました。

一つのイベントをみんなで計画し、現場での様々な状況を乗り越えた後のプロジェクトメンバーは、より自分ごととしてプロジェクト活動に関わってくれるようになりました。

イベント終了直後、テンション高めのメンバー達

次に目指す景色

次に目指すのは、大学の外へはみ出し、飛び出していく活動です。
フィールドは伊豆大島へ!

伊豆大島の裏砂漠へ続く小道

またもや、人が人を呼ぶ流れで素敵なご縁が繋がり、伊豆大島でこのプロジェクト活動を拡大できないか、目下奮闘中です。

金魚鉢の金魚ではなく、あのカクレクマノミのように。

大学の中に留まっているのではなく、自分の足で手で頭で、自分の可能性をどんどん広げていけるように。
枠組みに囚われず、大学生と一緒に、私自身もさらに挑戦を続けていきたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

VIVITA JAPAN 長岡亜矢子(ながおかさん)